若林秀隆

My blogs

Blogs I follow

About me

Gender MALE
Location 横浜市, 神奈川県
Introduction NST、摂食嚥下障害、リハ栄養学、臨床歯科栄養、サルコペニア、サルコペニア肥満、緩和ケア、悪液質、プライマリケア、家庭医療、FDに関心を持つリハ科医師です。<著書>若林秀隆(単著):PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養-栄養ケアがリハを変える.医歯薬出版,2010.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養ハンドブック.医歯薬出版,2010.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養ケーススタディ-臨床で成果を出せる30症例.医歯薬出版、2011.若林秀隆、藤本篤士(編著):サルコペニアの摂食・嚥下障害-リハビリテーション栄養の可能性と実践.医歯薬出版、2012.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養Q&A.中外医学社、2013.栢下淳、若林秀隆(編著):リハビリテーションに役立つ栄養学の基礎、医歯薬出版、2013. 若林秀隆(単著):高齢者リハビリテーション栄養.カイ書林、2013.荒金英樹、若林秀隆(編著):悪液質とサルコペニア-リハビリテーション栄養アプローチ.医歯薬出版、2014. 若林秀隆(編著):実践リハビリテーション栄養-病院・施設・在宅でのチーム医療のあり方.医歯薬出版、2014. Twilog: http://twilog.org/HideWakabayashi
Interests テニス、旅行(北海道)、読書(愛読書はドラッカーのプロフェッショナルの条件)、コーギー
Favorite Books ここに若林秀隆の略歴を記載します。 <学歴> 平成7年横浜市立大学医学部卒業 平成28年 東京慈恵会医科大学大学院医学研究科臨床疫学研究部卒業 <職歴> 平成7年5月~日本赤十字社医療センター内科研修医 平成9年5月~横浜市立大学医学部附属病院リハビリテーション科 平成10年6月~横浜市総合リハビリテーションセンターリハビリテーション科 平成12年4月~横浜市立脳血管医療センターリハビリテーション科 平成15年4月~済生会横浜市南部病院リハビリテーション科医長 平成20年4月~横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科助教, <資格> 日本リハビリテーション医学会:指導責任者・専門医・認定医、 日本静脈経腸栄養学会:認定医、 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会:学会認定士, <役職> 日本リハビリテーション栄養研究会:会長、日本静脈経腸栄養学会代議員・学術評議員・首都圏支部幹事、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会評議員、日本プライマリ・ケア連合学会代議員, <受賞> 2006年日本褥瘡学会大塚Award(論文賞):若林秀隆.摂食・嚥下障害患者の褥瘡発生に関する調査. 日本褥瘡学会誌 2005; 7: 242-244、 2009年日本家庭医療学会・学会賞:若林秀隆、喜瀬守人、岡田唯男.家庭医はリハビリテーションにおいてどのような臨床能力を必要と考えているか(質的研究), <著書>若林秀隆(単著):PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養-栄養ケアがリハを変える.医歯薬出版、2010.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養ハンドブック.医歯薬出版、2010.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養ケーススタディ-臨床で成果を出せる30症例.医歯薬出版、2011.若林秀隆(編):リハビリテーション栄養―栄養はリハのバイタルサイン―.Medical Rehabilitation No143、全日本病院出版会、2012.若林秀隆、藤本篤士(編著):サルコペニアの摂食・嚥下障害-リハビリテーション栄養の可能性と実践.医歯薬出版、2012.若林秀隆(編著):リハビリテーション栄養Q&A.中外医学社、2013.栢下淳、若林秀隆(編著):リハビリテーションに役立つ栄養学の基礎、医歯薬出版、2013. 若林秀隆(単著):高齢者リハビリテーション栄養.カイ書林、2013.荒金英樹、若林秀隆(編著):悪液質とサルコペニア-リハビリテーション栄養アプローチ.医歯薬出版、2014. 若林秀隆(編著):実践リハビリテーション栄養-病院・施設・在宅でのチーム医療のあり方.医歯薬出版、2014.