くぼたのぞみ KUBOTA Nozomi

My blogs

About me

Gender FEMALE
Industry Arts
Occupation 翻訳家・詩人、translator / poet
Location Tokyo, Japan
Introduction translator/poet 翻訳家/詩人 北海道生まれ。Born in Hokkaido in 1950.  *「10年早い」といわれながらアフリカ発/系の作品等を翻訳してきてわかったこと、それは近代化をめざして日本が追いかけてきたヨーロッパやアメリカの「全体像」だった。  著書:『鏡のなかのボードレール』、詩集:『風のなかの記憶』『山羊にひかれて』 『愛のスクラップブック』『記憶のゆきを踏んで』  最近の訳書に、J・M・クッツェー『モラルの話』『ダスクランズ』、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『男も女もみんなフェニミストでなきゃ』 主な訳書:文芸書に J・M・クッツェー『マイケル・K』『サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉』、ポール・オースターとJ・M・クッツェーの往復書簡集『ヒア・アンド・ナウ』(共訳)『鉄の時代』 、チママンダ・アディーチェ『アメリカーナ』『アメリカにいる、きみ』『半分のぼった黄色い太陽』『明日は遠すぎて』、ゾーイ・ウィカム『デイヴィッドの物語』、ベッシー・ヘッド『優しさと力の物語』、サンドラ・シスネロス『マンゴー通り、ときどきさよなら』『サンアントニアオの青い月』、マリーズ・コンデ『心は泣いたり笑ったり』、エドウィージ・ダンティカ『アフター・ザ・ダンス』など。ノンフィクションに、アミラ・ハス『パレスチナから報告します』、イザベル・フォンセーカ『立ったまま埋めてくれ』ほか。